皆様の健やかな毎日にお役に立てるよう、季節にあわせた情報をピックアップしてみました。

Vol.76 実りの秋を季節の果物で楽しむ!

実りの秋、果物もたくさんの種類が出回る季節です。旬の果物をおいしく味わう方法をご紹介します。

おいしい果物の見分け方と保存法

◎果物を選ぶポイントと保存法
秋の果物

【ぶどう】表面に白い粉、ブルームが付いてハリがある軸の太いものを選びましょう。保存はビニール袋で野菜室へ。食べる直前に冷蔵室で冷やします。
【梨】皮に色ムラがなく、軸がピンと太く、ずっしり重みがあるものを選びます。保存は新聞紙に包みビニール袋に入れ野菜室で1週間程度保存できます。
【柿】へたと皮にすき間のないものを選びます。品種にもよりますが、色が濃くなるほど柔らかくなるため、お好きな食感でいただきましょう。へたに水で湿らせたペーパーを置き、へたを下にしてビニール袋に入れ野菜室で保存します。

◎手軽な冷凍保存

食べ切れなかった時は冷凍保存してみましょう。ぶどうは1粒ずづ房から外し、冷凍すれば一口アイスに。梨は冷凍するとシャーベットのような食感でおいしく食べることができます。

旬の果物をスイーツや料理で

☆基本のジャムで

果物加工の定番といえばジャム。レンジで簡単に作ることができます。アイスやケーキに添えれば旬の果物アレンジが楽しめます。

☆料理にうまく取り入れる

果物を料理で 料理に果物を添えると季節感が演出されます。また、果物ならではの柔らかい甘みや酸味を加えることでやさしい味付けとなります。
【ドレッシング】ぶどうはミキサーにかけオリーブオイル、塩コショウでお酢よりも柔らかい酸味を楽しみましょう。
梨をすりおろし、醤油、塩コショウ、レモン汁を加えると、ドレッシングや焼き肉のたれにも最適です。
【付け合わせ】豚肉や鶏肉のソテーの付け合わせとして。焼いた梨やりんごを添えると、ほんのり甘い味と食感の違いが楽しめます。

<バックナンバー>
Vol.60以前のバックナンバーはこちら
Vol.61 春は足元からおしゃれに!靴のお手入れ方法
Vol.62 お出かけの季節、万全な紫外線対策を
Vol.63 夏こそエコ掃除でスッキリ、快適に
Vol.64 秋バテの陰には隠れ貧血の疑いも
Vol.65 うっかりで起きる家庭内事故
Vol.66 栄養豊富なサバで美味しく健康に
Vol.67 モノを減らして暮らしスッキリ
Vol.68 家庭でできる新型コロナウイルス予防対策
Vol.69 暑さに負けない体づくりで夏バテ防止
Vol.70 目のストレスからくる眼精疲労対策
Vol.71 実りの秋、野菜を賢く冷凍保存
Vol.72 冬の睡眠を快適にする寝具の使い方
Vol.73 ついで掃除でいつでもキレイを
Vol.74 日本茶を楽しむ
Vol.75 ひと手間で仕上がりが違う洗濯術

ページトップへ

株式会社 山野 〒165-0026 東京都中野区新井1−19−1 Tel. 03-3387-8400

Copyright © 株式会社山野. All Rights Reserved.