皆様の健やかな毎日にお役に立てるよう、季節にあわせた情報をピックアップしてみました。

Vol.30 今年の冬もエコ暖房!

1年で最も寒い季節がやってきました。暖房器具を上手く使いこなし、日頃の工夫で冬の節電に心がけましょう。

暖房器具をうまく使う

血圧計
◎特徴を理解して使い分け

冬は石油ストーブで省エネを考えている方、広い部屋を暖めるなら石油ストーブは効率がよくありません。器具ごとの特徴を理解しましょう。
・エアコン:部屋全体を暖めて温度を保つ
・電気ストーブ:足元を直接暖めるなど局所暖房
・石油、ガスストーブ:部屋を一気に暖める
寒い部屋を石油ストーブで一気に暖め、暖まった後はエアコンで温度調節を行なうと効率的です。

◎温度設定が重要

エアコン(6畳に対応する機種)の設定温度を21度から20度に下げれば、1日9時間6ヶ月使用で電気代が約1,200円節約できます。
また、設定温度20度で運転時間を1時間短くすると、6ヶ月で約900円電気代の節約に。

体感温度を上げる工夫

☆着るものを増やす

暖房器具だけに頼らず、着るものにも工夫しましょう。
カーディガンを1枚はおれば2.2度、ひざ掛けで2.5度、ソックスで0.6度体感温度が上がるといわれています。

☆首と足先を温める

冷えやすい首と足先を温めるとより効果的です。
脳に血液を送る頚動脈が首の体表近くを通っているため、首が冷えると頚動脈を流れる血液が冷えてより寒く感じるのです。 足先は心臓から遠く血流も弱いため、冷えを感じやすいのです。

ウォーキング☆湿度を上げる

同じ室温でも湿度が高ければ体感温度はアップ。湿度が20%から60%に上がれば、体感温度は約2度上がります。



>最新の『山野の生活通信へ』

ページトップへ

株式会社 山野 〒165-0026 東京都中野区新井1−19−1 Tel. 03-3387-8400

Copyright © 株式会社山野. All Rights Reserved.