皆様の健やかな毎日にお役に立てるよう、季節にあわせた情報をピックアップしてみました。

Vol.26 部屋干しを快適に!

梅雨の部屋干しの洗濯物、なかなか乾かずニオイも気になります。洗濯物の洗い方や干し方を工夫し、「部屋干し上手」を目指しましょう。

洗う時のポイント

洗面の洗濯機
◎洗濯物の雑菌を減らす

洗濯物を濡れたものと一緒に洗濯槽に入れてフタをしていると、雑菌が増えてニオイのもとに。
汚れものは通気性のよいカゴなどに入れ、湿ったものはある程度乾かしてから洗いましょう。

◎洗濯物は詰め込み過ぎない

洗濯物を詰め込みすぎると汚れ落ちが悪くなり、残った汚れが酸化分解する過程でニオイが発生します。
洗濯物は表示されている分量の7〜8割を目安にしてください。洗剤時は除菌効果のある酸素系漂白剤をプラス。 すすぎに柔軟剤を加えると乾きやすくなるのでおすすめです。

室内干しをさわやかに

☆空気に触れる面積を多く

洗濯物を速く乾かせば、それだけニオイを押さえられます。洗濯物に風が通りやすくなるように、生地が重ならない干し方を工夫しましょう。 ズボンやスカートは裏返して筒状に、乾きにくいタオルやシーツは蛇腹に干します。

☆洗濯物は部屋の中央で干す

洗濯物は空気が循環する部屋の中央で干しましょう。窓を閉め切った部屋でも部屋の中央なら空気が動きます。
逆に、窓際は空気が流れにくいだけでなく、カーテンのホコリで洗濯物が汚れる場合もあります。

洗濯☆部屋の湿気を取る

部屋の湿度が高いと洗濯物も乾きにくいため、雑菌やカビが生えやすくなります。 エアコンの除湿機能や扇風機で部屋の空気を循環させると効果的です。



>最新の『山野の生活通信へ』

ページトップへ

株式会社 山野 〒165-0026 東京都中野区新井1−19−1 Tel. 03-3387-8400

Copyright © 株式会社山野. All Rights Reserved.