山野の生活通信 イメージ

皆様の健やかな毎日にお役に立てるよう、季節にあわせた情報をピックアップしてみました。

Vol.10 スポーツの秋は運動で健康づくり!

スポーツの秋、運動していますか。適度な運動は健康を保つ秘訣。しばらく運動から遠ざかっていた方も、運動を始めてみましょう。

筋力をつける無酸素運動

◎有酸素運動と無酸素運動

運動は大きく分けて有酸素運動と無酸素運動に分けられます。運動に必要なエネルギーを得るのに酸素を多く使うか使わないかの差によるものです。

◎筋肉トレーニングでいつまでも元気に

無酸素運動は、筋肉に蓄えられたグリコーゲンという糖質と酵素の働きでエネルギーを生み出します。酸素の少ない状態で筋肉に負荷をかけ、短時間で集中して行なうことで筋肉を鍛えることができます。

◎高齢者には筋トレがおすすめ

無酸素運動には、短距離走やダンベルなどがありますが、高齢者には手軽にできる筋トレがおすすめ。
[太もも前の筋肉を鍛える]ダンベル
椅子から少し腰をうかし手を前に伸ばして背筋も伸ばします。
[ふくらはぎの筋肉を鍛える]
椅子の背につかまり、ゆっくりかかとを上げたり降ろしたりします。
[骨盤の横あたりの筋肉を鍛える]
椅子の背につかまり、ゆっくりと片足ずつ足を横に開いて戻します。


有酸素運動とストレッチ

☆体の中の脂肪を燃焼させる有酸素運動

有酸素運動は取り込んだ酸素を使い、エネルギー源として体内の脂肪を燃焼させてエネルギーを生み出します。筋肉に疲労物質がたまりにくいので、長時間運動を続けることができます。
具体的な運動は、ウォーキングや、速歩、ジョギング、サイクリング、水泳など。下半身の大きな筋肉を使うので、足腰強化につながります。

ウォーキング
☆筋肉を伸ばすストレッチ

[ストレッチのポイント]
はすみをつけず、ゆっくり、自然な呼吸で、伸ばす筋肉を意識しながら、痛みのない範囲で30秒ほど姿勢を保つこと。
[具体的なストレッチ]
太もも前の筋肉を鍛えたら、足首を持って後ろにそらす。ふくらはぎの筋肉を鍛えたら、かかとを床につけ背筋を伸ばすなど、筋トレとセットで行なうと効果的です。過度な運動はケガのもと。通院中の方は担当医師に相談し、無理のない範囲で行いましょう。



>最新の『山野の生活通信』へ

ページトップへ

株式会社 山野 〒165-0026 東京都中野区新井1−19−1 Tel. 03-3387-8400

Copyright © 株式会社山野. All Rights Reserved.