皆様の健やかな毎日にお役に立てるよう、季節にあわせた情報をピックアップしてみました。

Vol.57 旬の野菜で暑い夏を元気に!

旬の野菜には夏バテや疲労回復に効くパワーがあります。夏野菜の恵みをいただき暑い夏を乗り切りましょう。

旬の野菜には栄養たっぷり

◎本来の野菜の旬とは

季節を問わずさまざまな野菜を一年中買うことができます。旬の野菜は栄養価が高く、その時期に体が必要とする栄養素がたくさん詰まっています。例えば、冬の根彩り野菜菜は体を温め、春の苦みのある芽吹き野菜は老廃物を排出してくれます。季節で変化する人間の体調を野菜も自然のサイクルで支えているのです。

◎彩り豊かな夏野菜

夏野菜といえばキュウリやナス、トウモロコシ、ピーマン、カボチャなどハッキリした濃い色が特徴で、ビタミンカラーともいわれています。
夏野菜には水分やカリウムが多く含まれており、身体にこもった熱をクールダウンしてくれます。夏バテや食欲不振になりやすいこの時期、たっぷりの夏野菜で身体の内側から元気に。

おいしい夏野菜選び方

☆おいしさはツヤとハリ夏野菜

【キュウリ】表面のとげがしっかりしていて皮にハリがあるものを。多少曲がっていても太さが均一なものが良質です。サラダや酢の物ばかりでなく、炒めものやスープにも合います。
【ナス】ガクに付いた三角のトゲがあるものが鮮度のいい証拠。濃い紫紺色でツヤがあり、へた下がしっかり太いものが完熟です。油との相性がよく、炒めものが最適です。唐辛子や香辛料を加えると食欲が増します。
【トウモロコシ】なるべく緑色の皮つきで、ひげは茶褐色で量の多いものを。スープが定番ですが、かき揚げやフライの衣がわりに。ごはんを炊くときに一緒に入れれば甘みのあるとうもろこしご飯になります。

☆保存方法

夏野菜は常温でといわれていますが、新聞紙やキッチンペーパーで包みポリ袋に入れ野菜室で保存しましょう。

<バックナンバー>
Vol.45以前のバックナンバーはこちら
Vol.46 秋でもアレルギーにご注意
Vol.47 冷え性対策でポッカポカの体に
Vol.48 防ごう!冬場に多い着衣着火
Vol.49 脳の健康を維持する食事法
Vol.50 歯間の健康、考えてみませんか
Vol.51 油断できない「夏の冷え」対策
Vol.52 乾物を使って新感覚お手軽料理
Vol.53 長時間移動で注意、エコノミークラス症候群
Vol.54 冬場の入浴、温度差にご用心
Vol.55 簡単・キレイなアイロンがけ講座
Vol.56 この時期、気を付けたいニオイ対策

ページトップへ

株式会社 山野 〒165-0026 東京都中野区新井1−19−1 Tel. 03-3387-8400

Copyright © 株式会社山野. All Rights Reserved.